17LIVE(イチナナ)のアーカイブの確認方法・録画方法を解説!

17LIVE(イチナナ)でライブ配信を行うと、アーカイブ動画が残ります。アーカイブ動画は作成日から7日間保存され、配信者のプロフィールページにて確認することが可能です。

そこで本記事では、17LIVEのアーカイブ機能と録画方法について、詳しく解説していきます。

【結論、リスナーにおすすめのライブ配信アプリは何?】


結論、リスナーに1番おすすめのライブ配信アプリは「ふわっち」です。ユーザー数、アプリストアでの評価などを総合的に踏まえると、2022年はふわっちを利用しておけば間違いありません。

運営会社も日本企業なので安心です!実は私もかなりのヘビーユーザーです...!!
ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち - ライブ配信 アプリ

A Inc.無料posted withアプリーチ

【募集中】各アプリの人気配信者を探しています!

各配信アプリの人気配信者/人気ライバーを探しています!自薦/他薦どちらでもOKなので、情報提供して頂ける方はこちらから教えて頂けるとありがたいです!

ご協力よろしくお願い致します!

17LIVEのアーカイブ機能とは?

17LIVE(イチナナ)でライブ配信を行うと、上限8時間のアーカイブ動画が残ります。アーカイブ動画はマイページにて確認することができ、編集することも可能です。

また、アーカイブ動画は作成日から7日間保存されます。その期間中に保存しなかったアーカイブ動画は削除されるので、注意してください。

項目概要
機能名アーカイブ機能
録画時間8時間
保存方法自動保存
保存期間7日間

アーカイブの設定方法

配信開始前に下記の手順でアーカイブ機能をオンにすることで、アーカイブ動画を残すことができます。

  1. 配信ボタンをクリック
  2. 配信準備画面が開くので「その他の設定」をクリック
  3. 「ライブ配信をアーカイブ」をオンにする

上記の手順にて、アーカイブの設定は完了です。

尚、アーカイブ動画を配信後すぐに公開したい場合には、その他の設定に表示される「アーカイブの自動公開」をオンにしてください。

ちなみに、ギフトやコメントなどは録画されません。

アーカイブの確認/編集方法

アーカイブは、下記の手順で確認/編集することができます。

  1. アプリのホーム画面を開き、マイページをクリック
  2. マイページが開くので、「マイアーカイブ」をクリック

ここでは、配信のタイトル・ハッシュタグ・サムネイル画像・公開/非公開の編集などを行うことが可能です。

アーカイブの見方

リスナーは、下記の手順で各配信者のアーカイブを視聴することができます。

  1. 配信者のプロフィールページを開き、「カメラアイコン」をクリック
  2. 視聴したいアーカイブをクリック

尚、配信者がアーカイブを非公開にしている場合には、該当のアーカイブは表示されません。その点、注意してください。

17LIVEの録画機能とは?

17LIVE(イチナナ)には、録画機能も備わっています。アーカイブ機能とは異なり、該当の一部分のみを瞬時に録画できるので、とても便利な機能です。

尚、録画機能は配信者のみ利用できます。

項目概要
機能名録画機能
録画時間15秒〜180秒
利用可能者配信者のみ
録画した動画は、配信終了後にアップロードすることも可能です。

録画の手順

17LIVEの録画機能に関しては、下記の記事内にある「配信中」という項目をご参照下さい。特に難しい設定はなく、録画ボタンを押せば自動的に配信が録画されます。

尚、リスナーが録画する際の方法に関しては、後述する「その他の録画方法について」をご参照ください。

録画時間

録画時間は、15秒〜180秒となっています。

それ以上の長さになると自動的に録画が終了するので、注意してください。

尚、180秒以上の録画をしたい場合には、後述する「その他の録画方法について」をご参照ください。

その他の録画方法について

ここでは、17LIVE(イチナナ)の録画機能以外での録画方法を紹介します。

ここで紹介する方法は配信者・リスナー共に利用することができるので、是非試してみてください。

iPhoneやiPadの場合

iPhoneやiPadには、標準で「画面録画機能」が搭載されています。

具体的には、下記の流れで録画をすることができます。

  1. iPhone/iPadの設定画面を開く
  2. コントロールセンターをクリック
  3. スクロールし、画面収録の+をクリック
  4. ホーム画面に戻り、画面を下から上にスクロール
  5. コントロールセンター内にある録画ボタンをクリック(画像右端下)
  6. 録画開始
  7. 録画終了の際には再度録画ボタンをクリック
iPhoneの画面録画方法

上記の手順にて、録画をすることができます。

録画時間に制限はありませんが、録画の際にはかなりのデータ容量を消費するので気をつけてください。

Androidの場合

Android 11を搭載したスマホでは、標準で画面録画機能「スクリーンレコード」が利用できます。専用アプリは必要なく、「クイック設定パネル」から録画することが可能です。

しかしAndroid 10以前のスマホを利用している場合には、「AZスクリーンレコーダー」などの専用アプリが必須となります。

AZ Screen Recorder Livestream

AZ Screen Recorder Livestream

Ez-Smart Tech無料posted withアプリーチ

AZスクリーンレコーダーは時間制限や煩わしい広告もなく、内部音声も録画できるのでおすすめです。

PCの場合

17LIVEをPCから配信する場合、OBSの利用が推奨されています。詳しくは17LIVEのOBSに関する記事をご参照ください。

OBSには元から録画機能が搭載されており、配信をしながら録画をすることが可能です。

  1. OBS画面のコントロール欄にある「録画開始」をクリック
  2. 録画開始
  3. 同じ位置に表示される「録画終了」をクリック
  4. 録画終了

録画された動画はPCの「ビデオ」という項目に保存されているので、録画後に確認してみましょう。

録画をする際の注意点

17LIVE(イチナナ)で録画をする際には、下記の点に注意してください。

  • 無断転載禁止
  • 録画する旨を事前に伝えておく
  • 録画時の通知OFFは忘れずに

無断転載禁止

録画NGの旨を表示している配信者を除き、配信を録画すること自体に問題はありません。

しかし、それらを他のSNSや動画投稿サイトに無断で転載する行為は違反です。

最悪の場合、損害賠償請求をされるケースもあるので注意しましょう。

録画する旨を事前に伝えておく

配信者・リスナー共に、録画の前に「録画をする旨」を伝えておくのがマナーです。

通常、配信を録画していることは配信者にもリスナーにもバレません。スクリーンショットも同様です。

しかし配信中は、リスナーのアカウント名など一種の個人情報を取り扱うことになります。

録画をする旨を伝えることは必須ではありませんが、後々に発生し得るトラブルを回避するためにも、配信を録画する旨は伝えておいた方が良いです。

録画時の通知OFFは忘れずに

スマホで配信を録画する際には、必ず通知をOFFにしましょう。

録画中に通知が来てしまうと、せっかく綺麗に録画していたものが台無しになります。通知は「おやすみモード」にすれば画面上に表示されなくなるので、録画の前には必ず確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、17LIVEのアーカイブ機能と録画方法について詳しく説明しました。

それらをまとめると以下の通りです。

  • 17LIVEでライブ配信を行うと、上限8時間のアーカイブ動画が保存される
  • アーカイブは、作成日から7日間保存することができる
  • 17LIVEには、デフォルトで録画機能がついている
  • 録画機能は配信者のみ利用でき、録画時間は最大180秒までとなっている

この記事が、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

アイコン引用:17LIVE(公式サイト)

ライバー事務所比較提案サービスを始めました!初期リスナー制度など、当サイトならではの特別なサポートも実施しています!詳しくはこちら

Twitterも良かったらフォローしてください!