TikTokライブの解放条件とは?体験談を交えて詳しく解説!

TikTokの収益化の方法の1つとして、投げ銭機能(TikTok LIVE Gifting)があります。しかしこの投げ銭機能を利用するにはTikTokでライブ配信をする必要があり、このライブ配信機能も全てのユーザーに解放されているわけではありません。

そこで本記事ではTikTokライブでの配信経験がある私の体験談を元に、TikTokライブの解放条件を紹介します。

【結論、リスナーにおすすめのライブ配信アプリは何?】


結論、リスナーに1番おすすめのライブ配信アプリは「ふわっち」です。ユーザー数、アプリストアでの評価などを総合的に踏まえると、2022年はふわっちを利用しておけば間違いありません。

運営会社も日本企業なので安心です!実は私もかなりのヘビーユーザーです...!!
ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち - ライブ配信 アプリ

A Inc.無料posted withアプリーチ

【NEWS】最適なライバー事務所の比較提案サービスを始めました

最高還元率+サポートが手厚い事務所のご紹介/特別サポートなども可能です!初期リスナー制度も始めました!

TikTokライブとは

TikTokライブとはTikTokがリリースしたアプリ内でのライブ配信サービスであり、一部のユーザーのみが利用できます。

ライブ配信を視聴することは誰でもできますが、配信条件には一定の基準が設けられており、TikTok側もその基準を公開しておりません。唯一発表されている基準としては、16歳以上であること、フォロワー数や質の高いコンテンツを作っているかという点だけです。

なぜ公式は明示してくれないのだろう。

このTikTokライブが利用できるメリットとして、投げ銭機能(TikTok LIVE Gifting)が解放されるという点が挙げられます。現状TikTokでは収益化の方法がほとんどなく、TikTokのアプリ内で収益を得る方法は投げ銭機能か企業案件程度しかありません。

そのため投げ銭機能の解放は、TikTokerにとって収益を得る重要な手段の1つになります。ちなみにTikTokの他の収益化方法については下記の記事にて詳しく紹介していますので、興味のある方はご参照ください。

TikTokライブの解放条件

では次に、TikTokライブの配信条件について説明します。ここでは、TikTokライブ解放時のフォロワー数、コンテンツ数、いいね数、総再生回数などを挙げて紹介していきますが、ここで紹介するのはあくまで私の体験談を元にした例ですので、参考程度に考えて頂けると幸いです。

フォロワー数

一部他の記事では「フォロワー1,000人以上」がTikTokライブの解放条件などと言われておりますが、結論から言うと違います。

なぜなら、私はフォロワー約350人の段階でTikTokライブが解放されたからです。また自分以外で同じような境遇の人がいないかTwitterで検索してみたところ、同様にフォロワー数が400人、500人程度でもTikTokライブを解放している人がいました。

従ってTikTokライブの解放条件について、フォロワー数はそこまで重要ではないと考えられます。

コンテンツ数

結論から言うと、コンテンツ数はそこまで重要ではないと考えられます。

私の場合、約70〜80の動画を投稿した際にTikTokライブが解放されました。しかしこれも同様にTwitterで検索してみると、私よりもかなり少ない投稿数で解放されている人もいました。

従ってTikTokライブの解放条件について、コンテンツ数はそこまで重要ではないと考えられます。

いいね数

結論から言うと、いいね数は重要である可能性が高いです。

私の場合、動画投稿を始めた当初はYouTubeに投稿した動画を1分程度で切り抜き、それをただTikTokに転載しただけでした。そのため投稿当初はいいねの数も少なく、動画もあまり再生されませんでした。

当時はTikTokのやる気0でした。

しかしコツコツと動画コンテンツを改良していく中で、とある動画がバズりました。ちょうどこの時に総いいね数が10,000を超え、それとほぼ同時のタイミングでTikTokライブが解放されました。下記の画像でいうと、1つだけグンとグラフが上に伸びている時期あたりです。

TikTokのいいね数

これを踏まえると、総いいね数がTikTokライブの解放条件に関与している可能性は十分にあると考えられます。Twitterで他の事例を調べてみても、割と私と似たようなケースの人が多いのでこの可能性はかなり高いと思われます。

総再生回数

結論から言うと、総再生回数も重要である可能性が高いです。

TikTokのアルゴリズム上、いいね数が増えるとそれに比例して動画の再生数も上がります。もちろん、いいね数がそこまで伸びなくてもバズる可能性はありますが、いいね数が伸びている動画は必ずといって良いほど再生回数も増えます。

そのためいいね数と同様に、総再生回数もTikTokライブの解放条件に関与している可能性が高いと考えられます。

TikTokの再生回数

参考程度ですが、私の場合には総再生回数が100万回を超えたあたりでTikTokライブが解放されました。上記の画像でいうと、2つ目のグンとグラフが上に伸びている時期あたりです。そのため、総再生回数100万回という数字が1つの目安になるとも考えられます。

フォロワー数よりも質の高いコンテンツ作りが大事ということですね。

TikTokライブの解放条件まとめ

以上のことをまとめると、TikTokライブを解放するための条件には「動画のいいね数」と「動画の総再生回数」が重要であると考えられます。

動画のいいね数・再生回数を増やすには、とにかく質の高いコンテンツを作り続けることが重要です。フォロワー数を稼ぐことを目的に、フォローを送り続けるといった手段はおすすめできません。その時間があるなら少しでも良いコンテンツを作る時間に回しましょう。

1つ動画がバズると、連鎖的に他の動画の再生回数も増えます。これがTikTokの良いところです。

TikTokにおいては動画序盤の3秒〜10秒がとにかく重要なので、まずはそこを意識して動画を作ってみると良いと思います。質の高いコンテンツ作りに関する細かな内容はまた別の記事にて紹介しますので、そちらをご覧頂けますと幸いです。

TikTokライブのやり方

TikTokライブの解放条件を満たすとライブ配信ができるようになります。TikTokのホーム画面下にある「+」ボタンを押すと「LIVE」という項目が追加されているはずです。この項目をクリックすれば、ライブ配信をすることができます。

TikTokライブの配信方法

TikTokライブのやり方については下記の記事にて詳しく説明しているので、気になる方はそちらをご覧頂けますと幸いです。

これで収益化の手段が1つ増えました!TikTokでもお金が稼げます!

最後に

今回はTikTokライブの解放条件について、体験談を交えながら詳しく説明しました。

TikTokでは収益化の手段が乏しいため、どのように収益を得るか悩んでいる人も多いと思います。また収益化の手段として投げ銭機能を知っていても、どうしたらTikTokライブを解放できるのか、TikTokライブの解放条件は何なのか、知らなかった人も多くいたと思います。

しかしこの記事を通じて、TikTokライブの解放条件を少しでも多くの人にお伝えできたら嬉しく思います。是非皆さんも、TikTokライブを通じてリスナーと交流を深めてください。

この記事が、皆さんの参考になれば幸いです。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

アイコン引用:TikTok(公式サイト)

ライバー事務所比較提案サービスを始めました!初期リスナー制度など、当サイトならではの特別なサポートも実施しています!詳しくはこちら

Twitterも良かったらフォローしてください!