17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)とは?使い方や効果を解説!

17LIVE(イチナナ)のPokeとは、配信者がリスナーに向けて行うコミュニケーションの1つです。Pokeの使い方はとてもシンプルなので、配信者の方は必ず覚えておきましょう。

そこで本記事では、17LIVEのPokeについて詳しく解説していきます。

【結論、リスナーにおすすめのライブ配信アプリは何?】


結論、リスナーに1番おすすめのライブ配信アプリは「ふわっち」です。ユーザー数、アプリストアでの評価などを総合的に踏まえると、2022年はふわっちを利用しておけば間違いありません。

運営会社も日本企業なので安心です!実は私もかなりのヘビーユーザーです...!!
ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち - ライブ配信 アプリ

A Inc.無料posted withアプリーチ

【募集中】各アプリの人気配信者を探しています!

各配信アプリの人気配信者/人気ライバーを探しています!自薦/他薦どちらでもOKなので、情報提供して頂ける方はこちらから教えて頂けるとありがたいです!

ご協力よろしくお願い致します!

17LIVEのPokeとは?

17LIVE(イチナナ)には、コミュニケーションツールの1つとして、Poke(ポーク)と呼ばれる機能が存在します。Pokeとは英語圏で軽いあいさつの際に使われるもので、ありがとう、こんにちは、ねぇねぇといった意味を持ちます。

項目概要
機能名Poke(ポーク)
効果リスナーへの挨拶
フォロー機能
種類配信者:1種類
リスナー:4種類
Poke=挨拶です!

Pokeの効果について

17LIVEのPokeは、配信者からリスナーに向けて送ることができます。新規のリスナーにPokeを送るとコミュニケーションのきっかけになるので、初見さんには積極的に送っていきましょう。

一方Pokeを受け取ったリスナーは、返信としてPokeを返すことができます。このPokeを返すことで、リスナーは「この配信に興味がある」ということを配信者に伝えることが可能です。

  1. 配信者からリスナーへPoke
  2. リスナーから配信者へPoke

上記のような流れで、17LIVEのPokeのやり取りは行われます。

Pokeの種類と値段について

17LIVEで利用できるPokeには、様々な種類があります。

配信者が送れるPokeは1種類だけですが、リスナーが送れるPokeには下記の4種類が存在するので覚えておきましょう。

種類値段
Poke返し&フォロー無料
Pokeを返す499コイン
優しくPoke999コイン
フレンドリーにPoke2,999コイン

17LIVEのPokeの使い方

ここでは17LIVE(イチナナ)のPokeの使い方について、配信者の場合とリスナーの場合に分けて説明します。

配信者の場合には一括Pokeという機能も利用できるので、ここではその使い方についても詳しく説明します。

配信者の場合

配信者の場合、下記の手順でPokeを送ることができます。

  1. 配信画面左上のマークをタップし、Pokeを送りたいリスナーをクリック
  2. ユーザー画面に移るので、Pokeをクリック

Pokeがリスナーに送られると、「ライバーが〇〇にPokeしました」というコメントが表示されます。

これにて、Pokeの送信は完了です。

一括Pokeの場合

一度に全てのリスナーにPokeを送りたい場合には、一括Pokeという機能を利用します。

一括Pokeでは配信を聞いている全てのリスナーにPokeを送ることができるので、リスナーの確認などに活用することもできます。

尚、使い方は上述したPokeの使い方と同じであり、下記の手順で利用可能です。

  1. 配信画面左上のマークをタップ
  2. リスナー一覧の下に表示される「一括でPokeする」をクリック

上記の手順にて、一括Pokeは完了です。

リスナーの場合

配信者からPokeが送られてくると、リスナーには下記のような画面が表示されます。

17LIVEのPoke画面
参照:17LIVE

Pokeを送り返す際には、上記の中から1つを選択します。

既に説明しましたが、Pokeには無料のものと有料のものがあるので、Poke返しの際には誤って選択しないように注意してください。

Poke返し&フォローは無料です。

17LIVEのPokeのメリットとは?

ここではPokeを利用するメリットについて、配信者の場合とリスナーの場合に分けて説明します。

配信者がPokeを利用するメリット

配信者がPokeを利用するメリットとしては、主に下記の3点が挙げられます。

  • リスナーとのコミュニケーションのきっかけになる
  • フォロワーを増やすきっかけになる
  • ライバーミッションを消化できる

配信者のライバーミッションの1つに、Pokeした回数という項目が存在します。

このミッションを消化すればランキングが上昇するので、Pokeを送ることは間接的に配信者のメリットとなります。

積極的にPokeを利用していきましょう。

リスナーがPokeを利用するメリット

リスナーがPokeを返すメリットとしては、主に下記の2点が挙げられます。

  • 配信者に存在を認知してもらえる
  • 配信者を応援することができる

Pokeを返す行為自体は無料なので、よほど嫌な配信者でない限りはPokeを返すデメリットはありません。

むしろ配信者に自分の存在が認知されるので、積極的にPoke返しをしていくことをおすすめします。

Pokeを利用する際の注意点

17LIVE(イチナナ)でPokeを利用する際に注意すべき点は、下記の2つです。

  • ウザがられることがある
  • Pokeの種類を確認する

ウザがられることがある

Pokeを送ると、リスナーの配信画面にポップアップが表示されます。そのため、タイミングによっては配信視聴の邪魔になる可能性が出てきます。

このように闇雲にPokeを送るとリスナーにウザがられる場合があるので、特に関係のないシーンでPokeを送る行為は控えましょう。

また、Pokeが返されないからといって、リスナーに文句を言うのは絶対にやめましょう。

Pokeを送るタイミングは、入室のタイミング・一度に大量のリスナーが来たタイミングがおすすめです。

Pokeの種類を確認する

Pokeには、無料のものと有料のものがあります。

誤って有料のPokeを送っても返金はされないので、送る前には必ず確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、17LIVEのPokeについて詳しく説明しました。

それらをまとめると以下の通りです。

  • 17LIVEのPokeとは、配信者とリスナーのコミュニケーションツールの1つ
  • 配信者には1種類、リスナーには4種類のPokeが存在する
  • Pokeのメリットとしては、配信者・リスナー共にお互いを認知してもらえる点が挙げられる

Pokeを利用することで、17LIVEをより一層楽しむことができます。配信者もリスナーも、是非一度利用してみてください。

この記事が、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

アイコン引用:17LIVE(公式サイト)

ライバー事務所比較提案サービスを始めました!初期リスナー制度など、当サイトならではの特別なサポートも実施しています!詳しくはこちら

Twitterも良かったらフォローしてください!