TikTokライブのやり方とは?配信方法や換金方法を徹底解説!

2020年7月31日から、TikTokにライブ配信機能(TikTok LIVE)が追加されました。リリース当初は芸能人など一部のユーザーしか利用できませんでしたが、現在は条件を満たせば一般ユーザーでも利用することができます。

また2021年3月にはライブ配信中の投げ銭機能(TikTok LIVE Gifting)も追加され、現在ではTikTokerの貴重な収益源の1つとなっています。

そこで本記事ではTikTokライブのやり方や使い方、配信方法を説明していきます。また、投げ銭機能や換金方法の説明もしていきます。

【結論、リスナーにおすすめのライブ配信アプリは何?】


結論、リスナーに1番おすすめのライブ配信アプリは「ふわっち」です。ユーザー数、アプリストアでの評価などを総合的に踏まえると、2022年はふわっちを利用しておけば間違いありません。

運営会社も日本企業なので安心です!実は私もかなりのヘビーユーザーです...!!
ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち - ライブ配信 アプリ

A Inc.無料posted withアプリーチ

【募集中】各アプリの人気配信者を探しています!

各配信アプリの人気配信者/人気ライバーを探しています!自薦/他薦どちらでもOKなので、情報提供して頂ける方はこちらから教えて頂けるとありがたいです!

ご協力よろしくお願い致します!

TikTokライブの解放条件とは?

TikTokの配信条件には一定の基準が設けられており、これをクリアしなければ配信をすることができません。しかしTikTok側はその基準を公開しておらず、唯一発表しているのは16歳以上であること、フォロワー数や質の高いコンテンツを作っているか、という点だけです。

しかしご安心を。過去に私がTikTokライブを解放した際の条件を詳しく説明した記事が既にあるので、興味のある方はこちらをご参照ください。

質問がある際はTwitterのDMまで!

TikTokライブのやり方

では次に、TikTokライブのやり方について説明します。TikTokライブの配信方法はとてもシンプルで、配信環境さえ整えば難しいことはありません。

このライブ配信の手軽さも、TikTokライブが多くの配信者に親しまれている理由の1つと考えられます。ただしライブ配信中には通信容量をたくさん使ってしまうので、Wi-Fi環境下での配信を推奨します。

ライブ配信開始時

TikTokライブを開始する際には、まずホーム画面下にある「+」ボタンをクリックします。

TikTokライブの配信方法

すると上記のような配信準備画面に移動するので、そこで「LIVE」を選択します。

TikTokライブがまだ利用できない際には「LIVE」項目が表示されないため、ライブ配信機能を使えるかどうかの確認にも利用してみてください。

配信準備画面では、事前に加工機能(美肌機能など)やエフェクト機能を設定することが可能です。それらの設定は、配信準備画面右側の項目からすることができます。

ライブ配信前に確認すること①

ここでは、ライブ配信を始める前に確認しておくべきことを説明します。先程の配信準備画面にて、画面右端にある「設定」ボタンをクリックします。

TikTokライブの配信前に確認すること-1

ここでは、配信中のミュート/コメント設定、モデレーターの設定、ギフトの送信許可、コメントフィルター(NGワード)を設定することができます。

配信者の中には、TikTokのライブ配信中にNGワードを設定したい人もいると思います。そのような各種設定をこの配信準備画面で行います。また、投げ銭機能(TikTok LIVE Gifting)をオフにしたい場合にもここで設定することができます。

ちなみにモデレーターとは、配信を監視してくれるリスナーのことを指し、モデレーターは他のリスナーのコメント設定などをすることができます。

ライブ配信の人数が増えてくると荒らしも増え、1人で配信を管理することが困難になります。その際に重要になるのが、配信の秩序を守ってくれる「モデレーター」という存在です。そのため、1番信頼できるリスナーをモデレーターに置くことを推奨します。

目安としてライブ配信にくるリスナーの数が100人を超えたら、モデレーターを1人設置しましょう。特に古参のリスナーから選ぶことを推奨します。

ライブ配信前に確認すること②

最後にもう一点、ライブ配信前に確認しておくべきことを説明します。配信準備画面にて、画面右端にある「リンク」ボタンをクリックします。

TikTokライブの配信前に確認すること-2

ここでは、TikTokのライブ配信中に表示される各種URLリンクを設定することができます。

例えば、ライブ配信中の画面に商品購入ページなどを表示しておくことで、リスナーをそれらのリンク先へと誘導することができます。配信を聞いているリスナーの行動意欲は凄まじいものなので、商品の購入を促すことなどもできます。

「リンクを追加」をクリックするとリンク作成画面に移り、各種カスタムリンクを作成することができます。特に難しい設定はないので、画面の指示通りに進めれば無事にリンクを設定することができます。

これらの設定を全て終えて準備ができたら「LIVEを開始」をクリックして配信をスタートしましょう。

ライブ配信中

TikTokライブが開始されると、下記のような画面に移ります。説明の都合上、画面を真っ黒にしていますが、ここには本来配信で映したいもの(自分の顔など)が表示されます。

尚、ライブ配信中の画面に表示される各アイコンの意味は下記の通りです。

TikTokライブの配信画面


①リアルタイムパフォーマンス
現在の総視聴者数、ギフトを送ってくれた人数などを確認できる

②ウィッシュリスト
ここに好みのギフトを設定することで、リスナーからギフトを送ってもらえるように誘導できる

③コラボ配信機能
他の配信者とコラボ配信をすることができる

④リンク機能
配信に表示するリンクを設定できる

⑤シェア機能
配信を他のSNSにシェアすることができる

⑥修正機能
加工、エフェクト機能などの編集ができる

⑦配信終了ボタン
クリックで配信が終了する

⑧配信設定機能
インカメラ/アウトカメラなどの設定ができる

このような各種機能を利用しながらライブ配信を行います。TikTokライブを利用中に何かバグが生じたり、予期せぬハプニングが生じた際にはすぐに配信を終了しましょう。

TikTokライブのアーカイブ(録画)は基本的にリスナー側へ公開されませんが、念のため配信終了後ただちに録画を消しておくことを推奨します。

TikTokライブが終了すると、総視聴者数や受け取ったギフトの数などが表示されます。それらをざっくり確認すれば、TikTokライブは終了となります。

では次に、TikTokライブで受け取ったギフトの換金方法について説明していきます。

ギフトの換金方法

TikTokライブの投げ銭機能(TikTok LIVE Gifting)で受け取ったギフト(ダイヤモンド)は、PayPalを通じて換金することができます。換金方法はとてもシンプルなので、順を追って説明します。

プロフィールを開き、画面右上にある三本線をクリックします。そこで「設定とプライバシー」という項目を選択し、その項目の中にある「ポケット」をクリックします。

TikTokライブのギフトの換金方法-1

すると「ポケット」という画面に移るので、ここで「LIVEのギフト」をクリックします。クリックするとブラウザが開き「ライブギフト」という換金画面に移ります。ここで「払い戻し」をクリックすれば、ギフト(ダイヤモンド)を換金する手続きができます。

TikTokライブのギフトの換金方法-2
PayPalへの登録をしていないと換金できません。

配信内容を分析したい時

TikTokのライブ配信を分析したい人も多いと思います。一見難しそうですが、TikTokの分析機能(インサイト機能)はとても簡単に操作できます。

プロフィールを開き、画面右上にある三本線をクリックします。そこで「クリエイターツール」という項目を選択し、その項目の中にある「インサイト」をクリックします。

インサイトを利用するには、TikTokのアカウント管理にて「ビジネスアカウント(プロアカウント)」に変更しておく必要があります。
TikTokライブの分析方法

インサイトをクリックすると、TikTokライブの総視聴者数、新しいフォロワー、総配信時間、最大同時視聴者数、ユニーク視聴者数、獲得したダイヤの数などを確認することができます。いずれも、それぞれのライブ配信や一定の期間に分けて分析することが可能です。

これらの値を分析することで、配信に人を集めるにはどうしたら良いか、どうしたらフォロワーが増えるのかを学ぶことができます。もし分からないことがあれば私も相談に乗れますので、その際はTwitterのDMまでご連絡下さい。

日本人リスナーを多く集めるには夜の22時以降に配信をするのがベストです。

最後に

今回はTikTokライブのやり方について、配信方法や換金方法などを交えて詳しく説明しました。

TikTokライブは収益化もすることができるので、クリエイターにとってはとても便利な機能です。

しかし何より大切なことは「応援してくれるリスナーとのコミュニケーションを取れる大切な時間」という意識を持つことだと個人的には思います。ファンあってのクリエイターです。おこがましいですが、この点だけは忘れずにいて頂けるととても嬉しいです。

この記事が、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

アイコン引用:TikTok(公式サイト)

ライバー事務所比較提案サービスを始めました!初期リスナー制度など、当サイトならではの特別なサポートも実施しています!詳しくはこちら

Twitterも良かったらフォローしてください!