BuzzVideo(バズビデオ)の運営会社とは?お問い合わせ先などを徹底解説!

BuzzVideo(バズビデオ)は中国企業のByteDanceによって運営されているアプリであり、日本ではBytedance株式会社が運営に携わっています。

そこで本記事では、日本版BuzzVideoを運営するBytedance株式会社について解説していきます。

【結論、リスナーにおすすめのライブ配信アプリは何?】


結論、リスナーに1番おすすめのライブ配信アプリは「ふわっち」です。ユーザー数、アプリストアでの評価などを総合的に踏まえると、2022年はふわっちを利用しておけば間違いありません。

運営会社も日本企業なので安心です!実は私もかなりのヘビーユーザーです...!!
ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち - ライブ配信 アプリ

A Inc.無料posted withアプリーチ

【募集中】各アプリの人気配信者を探しています!

各配信アプリの人気配信者/人気ライバーを探しています!自薦/他薦どちらでもOKなので、情報提供して頂ける方はこちらから教えて頂けるとありがたいです!

ご協力よろしくお願い致します!

BuzzVideoの運営会社とは?

BuzzVideo(バズビデオ)の運営会社は中国企業のByteDanceであり、2012年に設立されました。ByteDanceはBuzzVideoの他にも、世界的に有名なショート動画配信アプリTikTokなども運営しており、その企業価値は約27兆5000億円と言われています。

日本国内では2016年から株式会社ByteDanceを設立・展開し、2018年に現在のBytedance株式会社に名称を変更しています。Bytedance株式会社に関する詳細は、下記の表をご参照ください。

項目概要
運営会社Bytedance株式会社
会社HPhttps://www.bytedance.com/ja/
設立日2016年(本社は2012年)
代表者佐藤陽一
従業員数約700名(日本法人のみ)
所在地〒163-0227 東京都新宿区西新宿2-6-1
新宿住友ビル18階
事業内容スマートフォンアプリの運営

尚、BuzzVideo自体は2015年に「TopBuzz」という記事・動画が見られるアプリとしてリリースされました。その後TopBuzzVideoという名称で動画配信サービスのみが独立し、現在のBuzzVideoが誕生しています。

BuzzVideo(バズビデオ)

BuzzVideo(バズビデオ)

Bytedance Pte. Ltd無料posted withアプリーチ

社長

Bytedance株式会社の社長は、佐藤陽一さんです。

以前はGoogleなどにも勤務されており、2019年9月からByteDanceグループに転職されています。

尚、ByteDance本社の代表は梁汝波さんです。以前は創業者の張一鳴さんが代表を務めていましたが、2021年から梁汝波さんが代表に就任しました。

事業内容

Bytedance株式会社は、主に下記のサービスの日本展開を支援しています。

  • 動画配信アプリ「BuzzVideo」
  • ショート動画アプリ「TikTok」
  • ライフスタイル情報アプリ「Lemon8」
  • カメラアプリ「Ulike」
  • 動画編集アプリ「CapCut」
  • ビジネスツールアプリ「Lark」

基本的には、本社で開発されたアプリの日本展開を支援する役割を担っています。

お問い合わせ先

Bytedance株式会社へのお問い合わせ先は、下記の通りです。

メディア関連press@bytedance.com
ビジネスパートナーbd@bytedance.com
採用情報hr@bytedance.com
広告関連advertise@bytedance.com

尚、BuzzVideoアプリに関するお問い合わせは、アプリのマイページ→ヘルプセンター→フィードバックから連絡可能です。

アプリに関する情報は公式Twitter(@BuzzVideo_Japan)でも発信されているので、確認してみることをおすすめします。

会社の評判

ここでは、Bytedance株式会社の評判について説明します。

Bytedance株式会社には700人近くの社員が在籍し、その中には下記のような口コミがありました。

給与制度:
外資にしてはベース給の割合が大きい。転職組は前職の給与が十分加味される。根拠となる給与データを提示することでシステム的に給与が決定。もちろんカウンターオファーで給与交渉も可能。リクルーターが丁寧に対応してもらえるので率直な意見交換ができる。

評価制度:
営業成績がダイレクトにインセンティブへ反映される。インセンティブもある程度の達成率基準が設けられる。自身の力量でインパクトが大きく変わってくるため、実力成果主義が徹底されている。
それ以外の昇給昇格は半期に一度、事前に設定した評価指標から上司、同僚、自身の評価から決定する。成長期かつ拡大期のフェーズゆえにポジションはあいているため、役職者になるチャンスも多く転がっている。

参照:OpenWork

外資系企業ということもあり、個人の実力がかなり問われるそうです。給与面にも実力が大きく反映されるため、腕試しをしたい方にはおすすめの企業と言えるでしょう。

社員からの評価・評判もかなり良いので、興味のある方は転職を狙ってみることをおすすめします。

実力次第では役職も狙える会社なので、かなり魅力的です。

まとめ

今回は、日本版BuzzVideoの運営会社について詳しく説明しました。

それらをまとめると以下の通りです。

  • 日本版BuzzVideoの運営会社はBytedance株式会社
  • Bytedance株式会社の社長は佐藤陽一さん
  • Bytedance株式会社の評判は良さそう

この記事が、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

アイコン引用:BuzzVideo(公式サイト)

ライバー事務所比較提案サービスを始めました!初期リスナー制度など、当サイトならではの特別なサポートも実施しています!詳しくはこちら

Twitterも良かったらフォローしてください!